カメラ搭載マイクロマウス Camera mouse mm-6 / 7 / 8

About_Me

プロファイル

根っから物作りが好きな技術屋です。
仕事では一人が関われる範囲がどうしても限られますが、マウスはハード、ソフト、メカを含めすべてを総合的に見ることが出来て、たいへんおもしろい対象です。

名前山下 伸逸
年齢1956年生れ
職業メーカーの技術者、 主にアナログ回路
マウス歴1981年第2回大会M-15分57秒1アイデア賞
1982年第3回大会M-1改46秒76位 ナムコ特別賞
1984年第5回大会M-3予選不通過技術奨励賞
1985年筑波万博大会M-3リタイア
2010年第31回大会mm-6予選不通過:46秒3特別賞
2011年第32回大会mm-6Aリタイア
2012年第33回大会mm-7リタイア
2013年第34回大会mm-7a予選不通過:19秒446ニューテクノロジー賞
2014年第35回大会mm-7a予選:17:693,25位
決勝:29:362 21位
2015年第36回大会mm-8リタイア特別賞
mails.yamashita@jcom.zaq.ne.jp

2010年第31回大会、1985年以来 25年ぶりに参加しました。
遡ること3年ほど前、Webでマイクロマウス大会がずっと続けられていることを知り、走行速度が信じられない早さになっているのを見て驚きました。
かなり老化が目立って来た自身のリフレッシュ、ボケ防止を兼ねて再びトライしてみようと思い立ちました。
ただ、いきなり今の高速マウスに速度で立ち向かうのは厳しいですので、何かしら特長を出そうと考えてmm-6のような形になりました。
試行錯誤するなかで、FPGAの開発環境を整えたり、CPU を作って gcc を移植すること等に興味が移ったりしてずいぶん長い時間がかかってしまいましたが、いろいろな要素をいじくることが出来て楽しめました。

昔作ったマウスたち

どちらも壁の検出にメカニカルなセンサーを使っていました。

昔のマウス
  • M-1 は友人と二人で制作しました。
    本体から飛び出た杖をモーターで壁に押し当て、本体と杖の角度を見て走行制御します。杖は左右に切り替えることができ、壁の状態に応じて右壁、左壁検出に切り替えながら走行します。突き当たりは杖が押し込まれるのを検出します。
  • M-3 は半球を内部の本体からバネで支持しており、半球を壁に押し当てて、半球と本体の位置関係を見ながら走行します。半球はベアリングで回転できるようにしてあるので、壁づたいにくるくる回転しながら走っている様に見えますが、内部の本体は直進しています。
    本体のスイッチにさわれないので、外から磁石を使ってリードスイッチを入れて起動しました。

powered by QHM 6.0.8 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional